サイトメニュー

by 楽天的通販生活(*^^*)
サイトメニュー
◆産後の尿漏れ
産後の尿漏れに悩んでいます
尿漏れの原因が膀胱炎?
風邪でせき込んだ時に尿が漏れた
尿漏れを人に話すのは恥ずかしい
尿漏れの原因は手術かもしれない
尿漏れ残尿?どっち?
腹圧性失禁と切迫性失禁
お風呂の後に膣からお湯が・・・
とても深刻な悩みのようです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

乳首がひび割れていたい

母乳をあげているお母さんはご存じだと思いますが、

赤ちゃんが乳首を吸う力って想像以上に強いです。

産後すぐはまだ吸われ慣れていないので、

授乳の時にかなり痛かったという経験をする人は少なくありません。

授乳にもなれ、乳首も丈夫になってくれば

痛みもだいぶ違うでしょうが、

どんなに痛いと思っても

授乳をしないわけにはいきませんよね。

母親としてはつらいところです。

でもこの痛み、

上手にケアすることで少し和らげることができます。

方法は簡単です。

授乳と授乳の間に、ベビーオイルのような刺激の少ないものを

乳首の表面に薄く塗り、

授乳のときはぬるま湯を浸したガーゼでふき取るという方法です。

産後1か月は授乳の間隔も短くかなり大変だとは思いますが、

夜間など少し授乳の間があくような時には

ベビーオイルを塗った上から、

食品用のラップをまいておくとより効果的です。

また、傷の痛みがある時はどうしても乳腺を空にすることを

怠ってしまいがちですよね。

そうなると乳腺炎を起こしてしまうことがあります。

乳腺を空にしないと乳汁のうっ帯が起こり

乳腺がはれてしまいます。

その部分が感染を起こすことがあり、発熱したり、

感染した部分が赤くはれあがるといった症状が出た場合は、

はやめに産婦人科を受診してください。
スポンサーサイト
18:17  |  乳房  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

母乳が出すぎて困ってしまう!

母乳が出すぎて困ってしまう。

私のようにでない人にとっては羨ましい悩みですよね。

でもご本人にとってはとても辛い悩みのはずです。

母乳が出すぎるということは、

胸が張っていたいでしょうし、乳腺炎にもなりやすいでしょう。

乳房には乳腺がたくさんあり、

母乳は乳腺から出るわけですが、

乳腺にも母乳の出やすい部分と、

出にくい部分があるようです。

赤ちゃんが吸って母乳は出るわけですが、

たくさん母乳が出る場合は、

出やすい乳腺にたまった母乳だけで赤ちゃんが満足してしまい、

出にくい乳腺にはいつも母乳が溜まっている状態になってしまって、

乳腺炎になるわけです。

それを防ぐには、赤ちゃんに飲ませる前に、

自分で搾乳して、

そのあとに赤ちゃんに母乳を吸わせるようにしてみてください。

赤ちゃんの吸う力は強いですから、

出にくい乳腺からでも赤ちゃんは十分に母乳を吸えるはずです。

それで足りなければ、

最初に搾乳しておいた母乳を与えるようにすれば、

出にくい乳腺から母乳を出すことができるはずですから、

乳腺炎の予防になります。

ぜひやってみてください。

私の友人はそのやり方で乳腺炎になることがなくなりました。

ぜひお試しを。
18:16  |  乳房  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

母乳が出ないのは体質でしょうか?

子供が生まれたら母乳で育てようと思う人はたくさんいるでしょう。

でも実際には母乳だけでは育てられない人もいます。

私も母乳で育てることはできなかった母親の一人です。

母乳の出る量にはかなりの個人差があるのです。

そのうえ母乳の分泌は自分の体でありながら自分の思い通りの量を

出すことはできません。

水分の摂取やバランスのとれた食事は大切ですが、

何もしなくたってたくさん出る人もいます。

うらやましい話ですね。

そうかと思えばマッサージや食事理の内容などをいろいろと工夫しても

思うように出ない人だっているのです。

マッサージは自分ですることはなかなか難しく、

十分な効果があら合われない場合もあるので

マッサージなどは外来で助産婦さんにマッサージしてもらうとよいでしょう。

よく、本などには母乳は大切だと強く書いてある本はたくさんありますよね。

でももし母乳が足らなくてもけして悩まないでください。

あせればあせるほど余計に母乳は出にくくなってしまいます。

赤ちゃんにとって母乳は大切ではありますが、

今の時代ミルクで育てたって、母乳で育てたって差はないという見解が

小児科では一般的だそうです。

母乳が出ないからといってけして自分を責めるようなことをすれば、

精神的に追い詰められてしまって、

赤ちゃんにとってもお母さんにとってもよくありません。

母乳が出なければミルクに変えればよいぐらいの考えで

ゆったりと子育てを楽しんでください。

私事で恐縮ですが、

私など母乳はただの1滴も出ませんでした。

はじめからミルクで育てましたが、健康状態はいたってよく、

保育園の年長になった今では一番背が大きく育ちました。

母乳にこだわることなく明るく子育てをすることのほうがずっと健康的ですよ。
19:39  |  乳房  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。